テーブルクリニック


11:00~

クラレノリタケデンタル(株)

支台築造および補綴装置の装着で予知性の高い接着処置を行うための注意すべきポイント

麻布東京デンタルクリニック院長 / 大阪大学大学院臨床准教授
脇 智典 先生

近年、接着歯学の発展はめざましく、適応症は拡大している。しかし、象牙質に対して確実に接着させる為には、補綴装置、歯質、接着システム、レジンセメント、およびコンポジットレジンの特性を十分に理解する必要がある。今回は、予知性の高い接着のために、補綴装置装着時や支台築造処置における注意点、および、咬合治療や前歯部治療で接着が出来ることについて、科学的根拠に基づいたキーポイントを分かりやすくお伝えしたい。

ポイント

  • 脱離をさせないための、補綴装置装着時の接着の注意点
  • 支台築造処置における根管内象牙質への接着の注意点
  • 咬合治療で接着が出来ること
  • 前歯部治療で接着が出来ること

脇 智典 先生画像

脇 智典 氏プロフィール

略歴

1999年
朝日大学歯学部卒業
2004年
大阪大学大学院博士課程修了
2009年
米国ロマリンダ大学歯学部インプラント歯科学講座フェロープログラム修了
2011年~
麻布東京デンタルクリニック開院
2011年~
大阪大学大学院臨床講師就任
2014年~
大阪大学大学院臨床准教授就任

所属学会

  • 日本補綴歯科学会(専門医)
  • 日本歯科審美学会(認定医、理事、評議員)
  • 日本口腔インプラント学会
  • 米国インプラント歯科学会(AAID)(認定専門医(Associate Fellow))
  • 米国インプラント学会(AO)
  • ヨーロッパインプラント学会(EAO)
  • 米国歯周病学会(AAP)